<名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校> 名古屋市瑞穂区の名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校は、一人ひとりの未知の可能性をサポートするために充実した教育環境を目指します。

TOP > 運動部

部活動・同好会(運動系)

バレーボール

私達バレーボール部は、高蔵高校の中でも、長い歴史を持つ部活の1つです。多くの卒業生や、そこから広がる人間関係が現在でも続き、理解者・指導者として来てくれるなど、多くの人が支えてくれています。 「強く、楽しいバレーボール」は当然のこととして、礼儀や敬意の心も忘れません。 高蔵バレーボール部の新しい伝統と歴史を一緒に作ってみませんか?



【平成24年度】
「名南選手権大会(男子)初戦敗退(女子)初戦敗退」
「新人体育大会名南支部予選(男子)2回戦進出(女子)初戦敗退」
「選手権大会名南支部予選(男子)初戦敗退(女子)第6位」

陸上競技

陸上競技部の目標は『全国高校総体』と『全国高校駅伝競走大会(都大路)』に出場し入賞することで、陸上競技の短・中・長距離、駅伝種目を中心に力を入れています。部員数は現在50名と増えており、大会成績も平成27年度は東海高校総体男子3000m障害で6位に入り、男子では創部以来初の全国高校総体出場を勝ち取ることができました。また、愛知県高等学校男子駅伝競走大会では7位入賞を果たしました。平成28年度は東海高校総体男子1500mで4位に入り、全国高校総体では男子1500mで予選を通過し、創部以来初の全国高校総体で決勝進出を果たし、12位という成績を収めました。
部の指導指針は、『陸上競技を通じて、慈・忠・忍の心を育む』『陸上競技を通じて、自立出来る生徒の育成』 『愛知県を代表するチームを目指す』 この3点を掲げています。陸上競技だけではなく人間力を育てます。教員、生徒全員が高い目標を持ち、豊かな人間性を養いながら、日々真剣に取り組んでいます。

中・長距離、駅伝 ブロック
〈チーム概要〉
顧問・・・加藤良寛(保健体育教諭)
部員・・・1年生 10名(選手男子6名・マネージャー女子4名)  
     2年生 16名(選手男子13名・マネージャー女子3名)  
     3年生 13名(選手男子13名)
合計  39名(選手男子32名・マネージャー女子7名)

〈練習場所〉 
学校グラウンド、パロマ瑞穂北陸上競技場、大高緑地公園(クロカンコース)

〈目標〉
全国高校駅伝「都大路」出場 
インターハイ、国体の出場

〈主な活動実績〉
【平成27年度】
平成27年度愛知県高等学校総合体育大会陸上競技大会
 ・男子1500m   第2位(東海大会出場)
・男子3000m障害 第4位(東海大会出場)
・男子3000m障害 第7位
平成27年度東海高等学校総合体育大会陸上競技大会
・男子1500m   第7位
・男子3000m障害 第6位(全国高校総体出場)
平成27年度愛知県高等学校駅伝競走大会 第7位
【平成28年度】
平成28年度愛知県高等学校総合体育大会陸上競技大会
 ・男子1500m   第2位、第6位(2名東海高校総体出場)
・男子3000m障害 第6位(1名東海高校総体出場)
・男子5000m   第8位
平成28年度東海高等学校総合体育大会陸上競技大会
・男子1500m   第4位(1名全国高校総体出場)
平成28年度全国高等学校総合体育大会陸上競技大会
・男子1500m   第12位

★陸上競技部のブログはこちら

卓球

私たち卓球部は、中学・高校共に愛知県内で常に優勝争いをしており、全国大会でも上位に名を連ねています。部員全員が向上心を持っており、自立心を持って練習に取り組み、日々切磋琢磨しています。

※最近の成績
[高等学校]
H19愛知県高等学校総合体育大会 団体優勝 愛知県高校リーグ6連覇   東海       〃         団体2位   全国       〃         団体3位
全国選抜卓球大会   団体3位 
H20愛知県高等学校総合体育大会 団体優勝    東海       〃         団体2位          全国   〃    ベスト8[中学校] 愛知県中学校総合体育大会 5連覇  東海      〃        優勝  全国      〃        出場

【平成24年度】
「第65回東京卓球選手権大会 ペア2回戦進出」
「北信かがやき総合体育大会 出場」
「全国中学体育大会出場(10年連続出場による特別表彰)」
「愛知県総合体育大会 女子団体準優勝」
「東海総合体育大会 女子団体ベスト4」


★卓球部のブログはこちら

テニス

硬式テニス部は、毎日遅くまで、全国大会出場を目指して練習しています。昨年度は、高校女子団体で2年ぶり25回目となる全国選抜高校テニス大会への出場を果たし、男子においても上位入賞を果たすなど、高い目標を持ち、一日一日を大切に練習に励んでいます。

【平成24年度】
「全国総合体育大会 女子団体ベスト8、女子シングルスベスト16・ベスト32」
「全日本ジュニア選手権 女子シングルスベスト4・ベスト16、女子ダブルス準優勝・ベスト8」
「愛知県新人体育大会 女子団体優勝、女子シングルス優勝・第3位・第4位、女子ダブルス優勝・準優勝・第4位」
「愛知県総合体育大会 女子団体優勝、女子シングルス準優勝・第3位・第8位・ベスト16が4名・ベスト32が2名・ベスト64、
 男子団体ベスト16、男子シングルスベスト32・ベスト64が2名、女子ダブルス優勝・準優勝・ベスト8・ベスト16・ベスト32」

バドミントン
合気道

<合気道部>
 合気道は日本独自の総合武道で、素手による対術、木刀・杖を使った武器術、等から成り立っています。警察では、逮捕術にも取り入れられており、護身術としても有効です。有名人ではアクション映画俳優のスティーブン・セガール、俳優の杉良太郎さん、女優の由美かおるさん、元AKB48の秋本才加さん等がやっています。
 高蔵合気道部では、『文武両道』をモットーに、技以上に礼儀である「健康管理」「時間厳守」「整理整頓」「挨拶励行」の4つを大事に、「安全に・真剣に・楽しく」活動しています。活動の具体的な大きな目標は、「初段合格」と「大会入賞」の2つです。
 主に、春・夏・冬休みの昇級・昇段審査、夏合宿、文化祭・体育大会での演武、各地域のイベント出演、等幅広く活動しています。ここ数年は、5月の「全日本大会」にも11年連続選抜出場、また8月の「全国大会」「地区大会」でも連続入賞、初心者から始めた多くの生徒達も初段合格、等大きな成果を上げています。2014年11月には、『中日新聞・朝刊』の「ぶかつ道」、また、昨年2016年には地元情報誌『瑞穂フリモ』の巻頭特集でも取材も受けて、大きく掲載されました。
 2017年度で創部19年目になり、現在、部員は中1から高3まで男女生徒30名が在籍しています。顧問・現役部員・卒業生も大変仲が良く、卒業後も毎年OB・OG会を定期開催する等、絆も深く、毎日真面目に地道に稽古しています。具体的な活動内容は、合気道部のブログに掲載してありますので、是非ご覧下さい。


<2016年度 主な活動実績>

・5/28(土)[日本武道館] 「第54回全日合気道演武大会」
 高校の部、11年連続選抜出場

・8/5(金)[東京武道館] 「第15回全国高等学校合気道演武大会」
 会長賞、9年連続入賞

・8/11(木)[愛知県武道館] 「第28回全国学校合気道連合会演武大会」
 個人の部・会長賞、7年連続入賞

・8/28(日)[名経大高蔵高校] 「夏・昇級審査」
 13名合格(2級4名、3級2名、5級7名)

・12/17(土)[露橋スポーツセンター] 「昇段審査」
 5名合格(初段5名)

・12/24(土)[名経大高蔵高校] 「冬・昇級審査」
 9名合格(2級2名、4級7名)

・他、多くのイベント出演と演舞披露

★合気道部のブログはこちら

ハンドボール

私たちハンドボール部は、県大会出場を目標にして、日々練習しています。平日の授業後は、グランドで練習し、土日は、練習試合に出かけて、レベルアップを図っています。足が速い、肩が強い、スピードと切れがある、チームの雰囲気を盛り上げられるなど、全てがチームの強みになります。経験者・未経験者を問わず、一緒に頑張ってみませんか。

【平成27年度 愛知県高等学校ハンドボール選手権名南地区予選】
 男子 ベスト8
 女子 第 6 位

【平成27年度 愛知県高等学校新人体育大会名南支部予選】
 男子 ベスト8
 女子 ベスト8

【平成27年度 Jr.記録研修会】
 男子 第3位(名南地区代表として7名選出)
 女子 第3位(名南地区代表として6名選出)

【平成27年度 名古屋地区高等学校ハンドボール選手権】
 男子 Bブロック ベスト8
 女子 Bブロック ベスト8

★ハンドボール部のブログはこちら

サッカー(高校・男子)

〈チーム概要
スタッフ・・・・・9名(教員3名、外部コーチ5名、トレーナー1名)
選手・・・・・・・3年生 33名、 2年生 57名、 1年生 61名
         合計151名
         (平成29年度)



〈大会成績〉
☆平成27年度 新人戦 優勝
☆平成28年度 総合体育大会 第4位
☆平成28年度 選手権大会 第3位
☆平成28年度 新人戦 ベスト8
☆平成29年度 総合体育大会 第2位 全国大会出場

★サッカー部公式HPはこちら

★サッカー部のブログはこちら

女子バスケットボール

【平成24年度】
「新人体育大会 県大会第3位」
「愛知県私学祭 第4位」
「夏季名南選手権大会 優勝」
「愛知県選抜優勝大会ベスト8」
「愛知県総合体育大会 第7位」

男子高校バスケットボール

こんにちは。男子バスケットボール部です。私たちは「県大会出場」「公式戦で一つでも多く勝利すること」を目標に練習に取り組んでいます。
 中学生の皆さん、是非高蔵高校に入学して私たちと一緒に戦いましょう。
 高校生のバスケットボール部の皆さん、是非私たちと練習試合を行ってください。(部顧問:矢田まで)

最近の戦歴:
 平成24年度7月 私学祭1回戦 vs菊華 勝利
            2回戦 vs愛三大三河 敗北
      8月 夏季名南選手権1次リーグ
                vs冨田 引き分け
                vs中村 勝利
                vs熱田 敗北
      10月 ウインターカップ名南支部予選
            1回戦 vs日進西 勝利
            2回戦 vs瑞陵  敗北
 平成25年度4月 総合体育大会名南支部予選
            0回戦 vs名古屋国際 勝利
            1回戦 vs緑   敗北
      8月 夏季名南地区選手権大会 1次リーグ
            名古屋大谷 敗戦
            名古屋南  敗戦
            名南工業  勝利
      1月 新人体育大会名南予選
            0回戦 vs大同大大同 勝利
            1回戦 vs名市工   敗北

中学(男女)バスケットボール

中学(男女)のバスケットボール部は創立して日が浅く、部員も多くありませんが、今おかれている状況で、できることを精一杯取り組んでいます。
その“一生懸命”そして、“今できることを精一杯”の気持ちを忘れずに練習に取り組むことで、道は開けていくものと信じています。
かけがえのない、時間をともに過ごしましょう。

ダンス

私たちダンス部は中学生と高校生で一緒に活動をしています。練習は週に4日、月に2〜3回、コーチに来ていただき、ジャズダンスからヒップホップなど様々なジャンルのダンスに取り組んでいます。
部活動ではダンスだけでなく、社会人として必要な礼儀なども身につけることを大切にしています。学年に関係なく一緒にダンスをするので、部員の仲が良い部活です。
 部員の大半がダンス初心者です。初めての人も安心して入部して下さい。文化祭などの大きなイベントに出演することを目標に日々、練習をしています。


★ダンス部のブログはこちら

柔道

高蔵柔道部 『興風館』
名誉顧問:末岡  仁(市邨学園理事長)
顧   問:樋澤  晃(社会科)・森田 兼司(数学科)
部   員:高 校 3年生 6名  2年生 7名  1年生 10名
      中 学 2年生 3名

私たち柔道部は、「心・技・体」を磨き、各自が柔道家を志す者であることを認識し、”高蔵”の生徒としての誇りをもち、基本を大切に稽古に励んでいます。 そして、『礼に始まり、礼に終わる』柔道精神を身につけ、勝負だけに拘るのではなく、人としての生き方「相手を立て、相手の心になる」精神を修得できるように頑張っています。

平成20年7月27日(日) 中日新聞朝刊に記事が掲載されました。「名経大高蔵高校に柔道部立ち上げ」
中日新聞(朝刊)平成20年7月27日(日)掲載
名古屋市瑞穂区の名古屋経済大学高蔵高等学校にこの夏、柔道部が発足した。岐阜市職員だった同校教諭の樋沢晃さんが心の中で温めていた「日本一の柔道部を作りたい」という夢を実現するため、今春、市職員を辞めて立ち上げた。熱い思いに応えようと、部員らは練習に汗を流している。

〜“夢”実現へ転身〜

樋沢さんは六歳で柔道を始めた。中学時代、重量級(八六キロ以上)で全国大会ベスト8に勝ち上がった。高校時代でも東海大会で優勝。大学進学後も全国大会の常連だったが、日本一の夢は果たせなかった。大卒後、岐阜市職員になった。広報広聴課や企画調整課など市政の中枢で働く充実感もあったが、「柔道で日本一」の思いは消えなかった。四十代が見えてきて、夢をあきらめかけた昨夏、学生時代の柔道仲間を通じて、高蔵高校で柔道部を立ち上げる誘いが舞い込んだ。
十四年間勤めた岐阜市役所を去る寂しさはあったが、理解ある上司らが「頑張れ」と送り出してくれた。
同校には武道場がないため、空き教室に畳を敷いて“道場”を作った。部員を勧誘して回り、武道などの経験がある生徒を集め、七月から本格的な練習ができるようになった。
まだまだ受け身など基礎練習が中心だが、高校側も活動を支援している。二年生部員は「礼儀に厳しい熱血先生」と信頼を寄せる。樋沢さんは「いつか、全国制覇したい」と意気込み、生徒に胸を貸している。(掲載記事より抜粋)

リオデジャネイロ・パラリンピック柔道男子


60Kg級・銀メダリスト 廣瀬 誠 選手


高 蔵 高 校 興 風 館 に 来 校

2016年12月17日(土)、「リオデジャネイロ・パラリンピック柔道男子60Kg級」の銀メダリストである廣瀬誠さん(名古屋盲学校教諭)が、本校柔道場「興風館」にいらっしゃいました。

廣瀬さんは柔道部の練習に参加されました。廣瀬さんの実技指導を受けた部員たちは、早速、その技をものにしようと、練習に励んでいました。部員たちは、「とてもよい勉強になりました」と話していました。

練習後は、廣瀬さんを囲んでの写真撮影。部員たちは廣瀬さんの銀メダルを首にかけてもらいました。

来年1月26日(木)、普通科1年生の「総合学習」の一環として、廣瀬さんが本校で講演されます。廣瀬さんの記念講演は、今年度で、5年目を迎えます。今から楽しみです。

野球

2009年度より発足した本校の野球同好会。はじめは人数も少なく、試合では良い結果を出すことができませんでした。しかし、野球が好きで集まった部員が監督のもとで日々努力を重ね、正式に「野球部」となりました。2009年9月に新しく野球専用の練習場(名古屋市瑞穂区高田町 高蔵校舎内)が完成し、2012年8月には、名古屋経済大学(所在地:〒484-8504 犬山市内久保61-1)の敷地内に、新しいグラウンドが完成しました。
<参照 詳細地図 広域地図
目標とする甲子園出場、全国制覇を達成するため、日々努力する野球部の応援をよろしくお願いします。

★平成21年8月18日(火) 中日新聞朝刊に記事が掲載されました。
4月誕生 名経大高蔵高野球部 公式戦ほろ苦デビュー
中日新聞(朝刊)市民版 平成21年8月18日(火) 掲載


瑞穂区の名古屋経済大高蔵高に4月に誕生した野球部が、秋季県高校野球選手権名古屋地区1次予選に初めて出場した。監督はプロ野球近鉄バファローズの元投手・酒井弘樹さん(37)。4戦コールド負けとほろ苦い公式戦デビューとなったが、酒井さんは再び野球に携われる幸せをかみしめている。

〜元近鉄投手の酒井監督 指導者の夢かない充実感〜
酒井さんは千葉県柏市出身。1993年にドラフト1位で近鉄に入団し、速球を武器にセットアッパーとして活躍した。阪神タイガースに移籍し、2001年に現役引退。母校の国学院大に入り直し教員免許を取った。07年に高蔵高に採用となり、国語教師を務めている。
女子高だった同校は02年に共学化。昨年度まで野球部はなかった。現在、部員は2年生3人と1年生6人の計9人。半数は野球未経験者だ。校庭ではシートノックやフリーバッティングをする場所もない。
「ぼろぼろに負けても選手たちが課題を見つけてくれれば」と名古屋地区1次予選に出場。12日から17日にかけて試合があり、すべて5回コールドで敗れた。
「野球の技術の前にあいさつから教えている状態」と酒井さんは苦笑する。それでも「もっといろんなことを教えてあげたい。一番大切なのは野球の楽しさを感じてもらうこと」と日焼けした笑顔に充実感が漂う。
高校野球を指導することを夢見て高校教師となった。酒井さんが野球部を受け持つようになってから「最近、楽しそう」と周りから言われることが増えたという。日々、目に見えて上達する9人の部員ら。6イニング以降もプレーすることが当面の目標だ。

★野球部のブログはこちら

ソフトテニス

【平成20年度】
「高校総体予選 県大会出場(女子個人)」
「国体予選 県大会出場(女子個人)」
「新人戦 県大会出場(女子個人・女子団体)」

【平成22年度】
「愛知県総合体育大会名南予選(男子) 第5位(県大会出場)」

【平成23年度】
「新人戦名南支部予選(男子) 第5位(県大会出場)」

【平成24年度】
「愛知県総合体育大会名南予選(男子) 第8位」
「新人戦名南支部予選(女子) 第5位(県大会出場)」
「愛知県総合体育大会 女子ダブルス出場」

【平成27年度】
「新人戦名南支部予選(男子) 第4位(県大会出場)」

ページトップへ

お問い合わせ