• 在校生・保護者の方
  • 卒業生の方
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • アクセス
  • よくある質問

HOME > 緊急時の対応

緊急時の対応

台風時等の登下校について

暴風時・大雨時等の登校規程

(1)
登校する前に、学校の所在地(名古屋市)または自分の居住する地域(市町村)に暴風警報が発令されている場合
午前6時までに暴風警報が解除された場合は、平常通り登校する。
午前6時から午前11時(午前中の授業のみの日は午前8時)までに暴風警報が解除された場合は、解除後2時間以内に登校する。
午前11時(午前中の授業のみの日は午前8時)を過ぎても暴風警報が解除されない場合は、登校しなくてよい。
①②の場合、交通機関の運休、道路の冠水や損壊、河川の異常増水などで危険と思われるときは、登校しなくてよい。(その際、速やかに学校へ連絡する。)
(2)
登校する前に、学校の所在地(名古屋市)または自分の居住する地域(市町村)に発令されている警報が大雨警報、洪水警報、高潮警報、大雪警報の場合は、原則として平常通り登校する。
ただし、交通機関の運休、道路の冠水や損壊、河川の異常増水などにより登校が危険なときや、交通機関の運休により登校が困難なときは登校しなくてよい。(その際、速やかに学校へ連絡する。)
(3)
登校する前に、学校の所在地(名古屋市)または自分の居住する地域(市町村)に特別警報が発令されている場合
登校しなくてよい。
特別警報が、その日のうちに解除された場合も登校しなくてよい。

 ※特別警報の発表基準(平成25年8月30日より特別警報の運用開始)
数十年に一度の大雨、強度の台風、積雪などが予想される場合、現象に応じて、「大雨」、「暴風」、「波浪」、「暴風雪」、「大雪」の特別警報として発表される。

 【「大雨」の場合の例】
雨が降り出し、強くなると注意報、大雨が降り続くと警報、さらに激しい大雨が続くと非常事態として、特別警報が発表される。「ただちに命を守る行動をとるように」とアナウンスされる。

(参考)天気予報に関わる区分2012年(平成24年)1月4日現在

一次細分 二次細分 該当する市町村


西
尾張東群 名古屋市、瀬戸市、春日井市、犬山市、小牧市
尾張旭市、豊明市、日進市、長久手市、東郷町
尾張西群 一宮市、津島市、江南市、稲沢市、岩倉市、愛西市
清洲市、北名古屋市、弥富市、あま市、豊山町
大口町、扶桑町、大治町、蟹江町、飛鳥村
知多地域 半田市、常滑市、東海市、大府市、知多市、
阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町
西三河南部 岡崎市、碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、知立市、高浜町、幸田町
西三河北西部 豊田市(西三河北東部の区域を除く)、みよし市

西三河北西部 豊田市(旭市所、足助支所、稲武支所及び下山支所管内に限る)
東三河北部 新城市、設楽町、東栄町、豊根村
東三河南部 豊橋市、豊川市、蒲郡市、田原町、小坂井町

地震情報発表等への対応について

 東海地震に関する地震情報が発表された場合、本校は別に定める通りに対応することとなっています。
 詳細については、以下の資料をご覧ください。

学校感染症による出席停止について

インフルエンザやその他(下記)の感染症に罹った場合、「出席停止」扱いとなります。
医師から診断を受けましたら、すぐに学校へ連絡をお願いします。
医師の許可があるまでは自宅で安静に過ごし、十分な休養をお取りください。
登校の際は、医師に出席停止の「証明書(意見書)」を記入していただき、担任まで提出して下さい。

「証明書(意見書)」の様式については、こちらからダウンロードできます。

HOME > 緊急時の対応