<名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校> 名古屋市瑞穂区の名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校は、一人ひとりの未知の可能性をサポートするために充実した教育環境を目指します。

TOP > 研修の日々2017 > 研修9日目(モントモレンシー高校)

研修9日目(モントモレンシー高校)

8月3日(木)
オーストラリアで授業を受けるのも残り2日となりました。
英語担当のサリー先生から、高蔵生は非常にフレンドリーで積極的であり、楽しく授業ができていると褒めていただいています。
今日の英語の授業ではアボリジニの伝統的な楽器であるディジュリドゥをサリー先生が持ってきてくださり、演奏しました。
生徒たちは楽しんでいる様子でした。
残りの期間も一生懸命勉強し、楽しく過ごしたいですね。
今日は亀井くんが担当です。


1時限目はキャプテン・クックとアボリジニについてやりました
初めて聞いたことばかりで勉強になりました。
2限目はyotubeでアボリジニの人々の楽器の演奏を見ました。その後アボリジニの楽器を演奏しましたが意外と難しかったです。アボリジニの人たちは家が小さくてブーメランで獲物を捉える生活を毎日してるので驚きました。3限目はアボリジニの食べ物を食べました。意外と美味しかったです。4限目は自分のバディのクラスの授業を受けました。理科で丘の方へ観察に行きました。虫眼鏡で蜘蛛の生態が見れて面白かったです。
5限目は日本語クラスに参加し9年生と、モントモレンシーの生徒は日本語で、僕たちは英語でコミュニケーションをとりました
変わった生徒もいてコミュニケーションの勉強になりました。
あと2日間しかないのでバディとの時間を有効に使いたいと思います。

3年葵組 亀井大介君

ページトップへ

お問い合わせ