<名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校> 名古屋市瑞穂区の名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校は、一人ひとりの未知の可能性をサポートするために充実した教育環境を目指します。

TOP > カリキュラム > 中学校

中学校

目標 系列高校への進学に必要な基礎学力を身につける
中 学 校 の 特 色 週あたり30時間の授業
中 学 校 の 特 色 朝の学習や自学帳の実施
中 学 校 の 特 色 校外学習の実施

系列高校に進学する上で必要となる基礎学力を育成するため、週あたり30授業時間となるカリキュラムが、編成されています。その中でも、英語と数学の授業時間が、多めに確保されています。「国際理解」という科目では、ネイティブスピーカーの指導の下、少人数のグループ学習で、「話せる英語」の習得が、目指されています。「TOEIC Bridge IP テスト」や「STEP 英検」を、全ての中学生が受検します。そのための対策授業も、万全に行われています。

始業前10分間の「朝の学習」を通して、各科目の復習を行います。また、「自学帳」という復習ノートを用意して、毎日の家庭学習を自然に習慣化できるようにしています。

このような学校内の勉強だけではなく、年に2、3回、校外の博物館、美術館、水族館などを見学し、「本物に触れる」学習の機会も、設けられています。

>>平成22年度以降入学生に適用 中学校カリキュラム

副校長・尾関靖からのメッセージ

 高蔵中学校では、「自らすすんで学習に取り組むことのできる生徒」を育てたいと考えています。
 「勉強が好きな子なんていないよ」、そんな声が聞こえてきそうです。でも、ちょっと待って下さい。初めて目にするものに、これってなんだろう? どんな仕組みになっているんだろう? と疑問を持ったこと・今まで知らなかったことを知った時の喜び・できなかったことが初めてできた時の充実感、誰にでもあるこうした一つ一つの経験が「勉強」だと思います。それぞれの教科の学習だけでなく、さまざまな行事や校外活動でのふれあいの中で、こうした「学びの基本」を大切にしていきたいと思います。
 新しい自分を発見しようとチャレンジし続ける生徒を、高蔵中学校は全力でサポートします。

ページトップへ

お問い合わせ