<名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校> 名古屋市瑞穂区の名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校は、一人ひとりの未知の可能性をサポートするために充実した教育環境を目指します。

TOP > カリキュラム > 高等学校 普通科 進学コース

高等学校 普通科 進学コース

目標 名古屋経済大学をはじめ、私立大学への進学を目指す
コ ー ス の 特 色 週30単位時間
コ ー ス の 特 色 学習意欲の喚起や向上
コ ー ス の 特 色 学校行事や部活動への積極的な参加

1年次で、大学・短大で、何を学ぶのかを考えながら、その基礎となる学力を身につけていきます。2年次からは、「理系コース」と「文系コース」に分かれます。進学目標を定め、その実現に向けて、勉強に打ち込んでいきます。3年次には、志望校を決定し、受験対策にしっかり取り組んでいきます。

週あたり30単位時間という、ゆとりのあるカリキュラムが、編成されています。「わかる」「できる」を重視した授業が、展開されています。補習も、適宜実施されています。生徒の学習意欲を喚起、向上させるための工夫が、ちりばめられています。また、時間に余力のあるカリキュラムなので、生徒は学校行事や部活動などに積極的に参加し、充実した高校生活を過ごすことができます。

進学指導は、生徒一人ひとりの希望や適性に配慮して行われています。名古屋経済大学への内部推薦制度を活用することもできます。

>>平成26年度以降入学生に適用 進学コースカリキュラム

副校長・水野敦之からのメッセージ

 一学年のクラス数は平均8クラス、最も大所帯のコースで、男女比もほぼ半々となっています。週あたり30時間単位という、ゆとりのあるカリキュラムのため、毎日6時限授業が終わる午後3時半過ぎには、部活動をはじめ、校内外での諸活動に専念することが可能です。
 『一に人物 二に伎倆』という建学の理念の通り、学習に集中することはもちろんですが、大多数の生徒が部活動に参加し、知識や技術だけでなく、社会で必要となる豊かな人間力をも育成できています。「文武両道」を目指すことで、卒業後の進路も有利な形で合格を勝ち取っているのも、進学コースの特徴です。

ページトップへ

お問い合わせ