<名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校> 名古屋市瑞穂区の名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校は、一人ひとりの未知の可能性をサポートするために充実した教育環境を目指します。

TOP > 高蔵の教育 > 修学旅行

修学旅行

修学旅行のねらい
  • 自らの課題を設定し、学習する態度を培うことによって、教科学習の拡充に努めると共に、旅の楽しさを味わう。
  • 宿泊を共にする集団生活を通して、協調性・責任感・社会性を養うと同時に、教員や級友との人間的なふれあいを深める。
  • 長崎の自主研修では、原爆資料にふれることにより、戦争の実像を知り、平和の尊さを学ぶと共に、長崎の歴史や文化についても造詣を深める。
  • 豊かな自然、豊かな人情が生み出してきた水郷の情景に接することで、その町に生きる人々の生活や歴史・文化にふれ、豊かな人間性を養う。

高蔵高校の修学旅行は、第2学年で実施され、その時期は11月上旬です。普通科特進コース、普通科進学コース、商業科により、3泊4日の行程は、若干異なります。しかし、その基本は、以下の通りです。

初 日名古屋駅→博多駅→太宰府天満宮・九州国立博物館→ホテル(南関町)
2日目ホテル→柳川(川下り・昼食)→長崎原爆資料館(被爆者講演)→ホテル
                                        (長崎市内)
3日目ホテル→平和公園(平和式典)→長崎自主研修→ホテル
                               (佐世保・ハウステンボス)
最終日ホテル→ハウステンボス→博多駅→名古屋駅

名古屋駅〜博多駅間の移動は新幹線で、九州各地をバスで巡ります。この4日間、生徒たちは観光や買い物、あるいは、ホテルでの生活などを十分に楽しんでいます。他方で、見学先の歴史や文化について学べるように、簡潔なワークシートにも取り組んでいます。充実した修学旅行となっています。

ページトップへ

お問い合わせ