<名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校> 名古屋市瑞穂区の名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校は、一人ひとりの未知の可能性をサポートするために充実した教育環境を目指します。

TOP > たかくらの日常 2017 > つづき 2017年度の入学式

つづき 2017年度の入学式

田村校長先生が、式辞の中で、建学の理念「一に人物 二に伎倆」や校訓三則「慈・忠・忍」などにふれながら、次のような激励の言葉を新入生に贈りました。

新入生の皆さんには、「自信と誇り」を持ち、胸を張って、力強く新しい第一歩を踏み出していただきたいと思います。夢を掲げて、自分を励ます。そして、継続こそ力なりと信じて、努力を常に怠らず、希望の実現を目指す。これが大切です。市邨芳樹先生は、「去年より今年、昨日より今日。自分が何を学び、どんな力を身につけ、どのように成長を遂げたかが大切である」と話されました。

続いて、末岡理事長先生が、祝辞で、学園の歴史を振り返りながら、その教育理念を次のように話されました。「本学園が最も大切にしている教育が、「人」づくりです。勉学に励むだけではなく、社会に対する理解を深め、そして、他人の気持ちを慮る人物になってほしいと思います」。

最後に、中学・高校の総代による宣誓で、入学式は終わりました。

入学式後、高校生徒会主催の「新入生歓迎演技・演奏」が行われました。カラーガード部、バトン部、吹奏楽部が、演技・演奏しました。新入生の皆さんに、さかんな部活動の一端を見てもらいました。

ページトップへ

お問い合わせ