<名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校> 名古屋市瑞穂区の名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校は、一人ひとりの未知の可能性をサポートするために充実した教育環境を目指します。

TOP > 沿革・概要

沿革・概要

理事長メッセージ

本学は1907年、創立者・市邨芳樹先生が我が国初となる女子商業教育を実践する名古屋女子商業高校を開学したことをその礎としています。時代が求める人材の育成に応えながら、男女共学化、平成12年には名古屋経済大学大学院を開学し、現在では大学院、大学、短期大学、高等学校、中学校、幼稚園を擁する総合学園として、17万名余の同窓生を送り出してきました。

「人」とは
市邨先生の教えは、一貫して「人」にあります。先生が言う「人」とは、円満に発達した常識を身につけ、社会・人生に対して正当な理解があり、同情があり、頭の人たり、手の人であると同時に、情の人であり、徳の人である、とあります。ただ知識技能を身につけ自分の利害だけにとらわれるだけに終わらず、犠牲的精神のもと、自らが地域の一員であり公の担い手であることを強く意識しなければならないと説いています。

 
世界は我が市場なり
今日、十年一昔という言葉が意味をなさないような、予測不可能ともいえる変化の激しい時代を迎えています。そのような時代だからこそ、市邨先生の教えは普遍の価値を有すると確信しています。また、市邨先生は「世界は我が市場なり」と唱え、経済人として世界に目を向けることの重要性を、時代を先んじてうったえました。現在本校では、様々な国際交流のチャンスを用意しています。生徒の皆さんには、中学生、高校生として求められる基礎学力はもちろん、部活動などを通して心身を鍛え、市邨精神に基づいた「人」に成長することで、将来皆さんが世界で活躍する人物になることを期待しています。

建学の精神

創立者市邨芳樹は、当時、全国に未だない女子商業教育を実践する学校の設立を果たすため明治40年、本校のルーツである名古屋女子商業学校を開校しました。

女子商業学校を意味するGirls’Commercial Academy の頭文字を取ってG.C.Aとし、「商業教育はつまるところ人間教育である。商業は、いわゆる実業の中でも技能的な要素の少ないものであ り、人と人の交渉であり、人的要素の多いものである。商人は技術家ではなく本当の意味での「人」でなければならない。本当の商業教育は人間教育でなければ ならない。」と述べています。
明治40年の創立から1世紀続く本校の建学の精神はこの考えに基づき「一に人物、二に伎倆」…まず、人格を高め、次に知識・技 術を磨いていくというものです。さらに校訓三則「慈(あたたかい心)、忠(すなおな心)、忍(くじけない心)」を提唱し、人物教育を大切にした教育をす すめています。

本校では、花や木々にはいろいろな種類があり、それぞれに美しく存在感があるように、「桜は桜、松は松」のごとく、生徒一人ひとりの個性を重視し、可能性 を引き出すことに重きをおいています。教科書だけではない様々な学びの中で、幅広い人々と交流し、生きがいを見つける手助けをしていくことも使命だと考えています。そして、中学、高校、大学、大学院を擁するゆとりある一貫教育の中で、人と比べて優劣をつけるより、個々を伸長させ、のびのびと輝いていける、 より優れた人材を育成する新しい学びのあり方を模索し続けています。

学園の沿革

明治40年

私立名古屋女子商業学校を設立
大正12年

名古屋第二女子商業学校を熱田区横田町に設立
昭和20年

学校法人市邨学園設立
昭和22年学制改革に伴い、名古屋女商中学校、高蔵中学校を設立
昭和23年学制改革に伴い、名古屋女子商業高等学校、
高蔵女子商業高等学校を設立
昭和26年学校法人市邨学園に組織変更
昭和40年市邨学園短期大学(商経科・家政科)を開学
名古屋女子商業高等学校・高蔵女子商業高等学校に普通科を設置
昭和42年市邨学園短期大学に保育科を設置
昭和43年市邨学園短期大学附属幼稚園を開園
昭和47年高蔵女子商業高等学校、高蔵中学校を市邨学園高蔵高等学校、
市邨学園高蔵中学校と校名変更
昭和54年市邨学園大学(経済学部消費経済学科)を開学
昭和58年市邨学園大学を名古屋経済大学に改称、男女共学制に移行、
経済学部に経営学科を設置
昭和60年市邨学園開田高原研修センターを開所
昭和61年市邨学園高蔵高等学校、市邨学園高蔵中学校を高蔵高等学校、
高蔵中学校に校名変更
昭和63年市邨学園短期大学に英語科を設置
平成2年市邨学園短期大学家政科を生活文化学科に改称
家政科家政専攻・食物専攻の名称を、
生活文化学科生活文化専攻・食物栄養専攻に変更
高蔵高等学校カナダ語学研修実施
平成3年名古屋経済大学に法学部企業法学科を設置
高蔵高等学校・高蔵中学校の制服を改定
平成7年市邨学園短期大学創立三十周年
平成8年市邨学園創立九十周年
平成11年名古屋経済大学に法学部国際関係法学科を設置
平成12年名古屋経済大学大学院(法学研究科)開学
平成14年名古屋経済大学高蔵高等学校、名古屋経済大学高蔵中学校に校名変更
男女共学制に移行
名古屋経済大学に経営学部経営学科を開設
名古屋経済大学大学院に会計学研究科を開設
平成15年名古屋経済大学の法学部に法学科を開設
平成17年名古屋経済大学に人間生活科学部(幼児保育学科・管理栄養学科)を開設
名古屋経済大学短期大学部を保育科・キャリアデザイン学科に改組
名古屋経済大学附属市邨幼稚園に園名変更
平成18年市邨学園創立100周年
名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校、瑞穂区高田町へ移転
平成28年市邨学園創立110周年

理念・教育方針

本校では学園創立以来、建学の精神『一に人物、二に伎倆』を普遍の教育理念としています。学園の歴史は、創立者である市邨芳樹先生が我が国初となる女子の商業教育を実践する名古屋女子商業学校を明治40年(1907年)に開校したことに始まります。大正12年(1923年)開校の姉妹校である名古屋第二女子商業学校が本校の前身です。その後、普通科の設置、男女共学化、さらに、名古屋経済大学高蔵高等学校・中学校への校名変更、校舎の移転などを経て、今日に至っています。

本校の校訓「慈・忠・忍」は、人として大切な「思いやりの心、誠実な心、挫けない心」を意味しています。知識はそれを生かす人物であってこその知識であり、生徒の人間性を高め、個性を大切にすることで生徒それぞれの能力を生かすことができます。本校では、建学の精神「一に人物、二に伎倆」とともに、この校訓三則を教育の根幹としています。さらに、伝統を守るとともに、時代の変化に対応できる柔軟な教育をめざします。生徒が、知識・技術を得るだけでなく、「主体的・対話的で深い学び」ができるよう、「体験的な学習」、「国際理解教育」、「ICT教育」にも積極的に取り組み、未来に活躍できる人づくりに力を入れています。また、部活動が盛んで、校内に生徒の明るい笑顔が溢れています。地下鉄線「桜山駅」から近く、交通の便に恵まれていると同時に、瑞穂区の静かな環境の文教地区に位置し、勉強するための環境にも恵まれています。

ページトップへ

お問い合わせ